Information

2018.04.24

「なぜうちの子のテストの得点はやってるのに上がらないんだろう?」と不安になったら~英文法~/中野区立中野南中・杉並区立泉南中・和田中・大宮中・和泉学園・私立の英語(プログレス)に強い個別指導塾なら鴻志学舎(こうしがくしゃ)プライベートスクール杉並方南町教室・転塾&入塾キャンペーン実施中1

 

+20点の成績保証のある個別指導塾 

わかりやすさ120% 鴻志学舎(こうしがくしゃ)プライベートスクール 杉並方南町教室




KGSからのお知らせ http://koushigakusha.com

 

 



 

 

 ●「なぜうちの子のテストの得点はやってるのに上がらないんだろう?」と不安になったら~

   英文法~ 


 

 


◇「勉強しない」「やりっぱなし」「やってるのに成績が...」  

こんなタイプに効果的なG-PDCA方式の個別指導!


 

 


勉強をそれなりにしている」のに結果がでないのは、課題・テーマをもたずに「やっているだけ」になっているからです。


やっているだけ勉強のあるある(英文法)

●英文法

 ①なんとなくで答えをだしている

                 ー「語呂」や「なんかこういう気がする」みたいなほぼ気分で

                 答えをだしたりする。ネイティブじゃないんだから(笑)

                 必ず、「こういう理由でこういう答えになる」というように

                 理由があって答えを出さないと合っていても間違っていても

                 再現性がありません。

                 英文法は英文のルールを勉強してそれを利用しないと。

                 サッカーで「いま手を使いたい気分だから」と

                 手をつかえば反則になるのと同じです。

                 ルールにのっとって解くのが大事です。

 ②ルールの覚え方、使い方がわかっていない

                 -実は①みたいに問題を解く子は、文法についての

                  覚え方がいまいちだったり、なにも覚えていなかったり、

                  覚えているのに使えなかったりします。

                  ルールの覚え方は

                  単元名(文法名)⇔英語の形⇔日本語の意味

                  例えば

                  現在進行形⇔「be動詞(is.am.are)+~ing」⇔「~している」

                  のように頭にいれ、

                  進行形の引き出しをアタマにつくる必要があります。

                  そして、このうちのどれか一つをみたら「進行形の話だな」

                  と思って、目の前の問題を解く前に上記のルールをアタマにだして

                  それをお手本にして目の前の問題をとくようにします。

                  こういう流れで解かないタイプのよくある間違いは

                  I  playing tennis.

                  のようなものです。

                  平気で動詞のない文をつくります。

                  (動詞を含めた品詞は意識できてない子のほうが圧倒的多数。高校英語

                  は大変なことになります)

    ③ターゲット以外の文法については無視

                -進行形をやっていたら進行形だけを考え、それ以外の要素であるその他の

                 文法や単語などはいっさい考えない、というやり方では英語力はついて

                 いきません。

                 語学は特にいろいろな要素でなりたっているので、ターゲットの文法は

                 当然のこととして、その他のこともすべてを自分のものになっているか

                 どうかを常に確認していくほうができるようになります。

                 ターゲットだけで済ますと効率的なようで効率的でも効果的でも

                 ありません。

                                                           



G-PDCA方式とは、GOALである目標(たとえば定期テストの数学で70点

をとるなど)を決めて、その目標に向けてPDCA(計画・実行・評価<検証>・改善)を

毎回の授業でまわしていくシステムです。


学期中に関しては、予習中心に授業をおこない、学校の授業が復習として機能するようにします。


「うちの子はできないから復習しないと...」と思われる保護者のかたがほとんどですが、塾(予習)⇒学校の授業(復習)⇒家庭学習(さらなる復習)のサイクルができると定期試験の点数が上がり、勉強が好循環でまわるようになります。例えば「学校の授業で先生の質問に答えられた!」とうれしそうに報告してくれる生徒さんがたくさんいますが、これこそ好循環のスタートなんです。


なんだかんだいって、やはり学校が中心ですから学校の授業をどれだけ有効に使えるかでお子様の勉強も変わるんです。

*復習は講習期間中にしっかりおこなっていますのでご安心ください。

 


「やりっぱなし」「やってるのに成績が...」タイプになぜG-PDCA方式の個別指導が効くのか?


理由は、問題演習(Do)の検証(Check)からのActionにあたる、その子の「間違いポイント」を明確にするからです。


「やりっぱなし」「やってるのに成績が...」タイプは「自分の間違いポイント」がわからないまま勉強をすすめてしまっています。


つまり「Doのみ」になってしまっているのでいつまでたっても上がらないのです。



「自分の間違いポイント」がわからないまま、ぼんやり勉強しても効果的ではありません。


同じ学校の授業を受けたり、同じ塾にいっているのに上がらない場合は、


自分では検証と改善がうまくできていない可能性が高いです。



鴻志学舎プライベートスクールでは、


担当講師が授業ごとにActionである


「その子の間違いポイント」を明確にし生徒は宿題シートにそれを書きます。


それにより家庭学習や学校の授業でも「自分の間違いポイント」がはっきりわかるので弱点を克服できます。


だから成績が上がるのです。

 


   

合格実績


中学受験 

    国学院久我山中学校 恵泉女学園中学校 佼成学園男子 佼成学園女子 都立富士 国立東京大学附属 玉川学園中学  


高校受験

   都立 西高校、豊多摩高校、杉並高校、杉並総合高校、芦花高校、新宿高校、鷺宮高校、松原高校、千歳ヶ丘高校、神代高校、   

   青山高校、練馬高校 深沢高校、文京高校、田柄高校、昭和高校、荻窪高校、第一商業高校、総合工科高校、園芸高校、

   農芸高校、杉並工業高校、中野工業高校 桜町高校、


   私立 専修大付属高校、東京立正高校、杉並学院高校、国学院久我山高校、國學院高校、日大第二高校、日大鶴ヶ丘高校、      

   日大桜丘高校 文化学園大杉並高校、成立学園高校、国際基督教大高校、聖徳学園高校、明星学園高校、多摩大目黒高校

   実践学園高校、成蹊高校、 東亜学園高校、日本工業大学駒場高校、日大豊山高校、駒場学園高校、東京電機大高校、     

   藤村女子高校、日本学園高校、洗足学園高校 関東国際高校、正則高校、正則学園高校、品川エトワール女子高校、

   佼成学園男子高校、佼成学園女子高校、目黒学院高校、 富士見丘高校、大東学園高校、東京実業高校、二階堂高校


大学受験

    上智大学、跡見女子大、白百合女子大、東京女子大、早稲田大学、中央大学、東京経済大学、

    国士館大学、東海大学、玉川大学、桜美林大学、埼玉大学、明治学院大学、大正大学、横浜市立大学、

    成蹊大学、独協大学、専修大学、駒澤大学、日本大学


 

 


 

 

 

 

  

無料体験授業やカウンセリングのお申し込みは

お電話(0120-499-933)かホームページ(24時間受付中)から今スグ!!

 

+20点の成績保証のある個別指導塾 

わかりやすさ120% 鴻志学舎(こうしがくしゃ)プライベートスクール 杉並方南町教室

 

〒166-0013 杉並区堀ノ内1-1-3方南不動産ビル3F

TEL 03(3312)4999 

FAX 03(3312)7907

MAIL info@koushigakusha.com

web  http://koushigakusha.com

鴻志学舎プライベートスクール
0120-499-933
KGS:鴻志学舎(こうしがくしゃ)プライベートスクール 〒166-0013 東京都杉並区堀ノ内1-1-3 方南不動産ビル3F